『M&Aの右腕』は、後継者不在に悩む中小企業・小規模事業者の事業承継をはじめ、M&Aに関するありとあらゆることを経営者様のニーズに合わせてワンストップで提供するサービスです。

事業承継・引継ぎ補助金の申請支援

事業承継・引継ぎ補助金とは

事業承継・M&A後の経営革新やM&A時の専門家活用等を年間通じて機動的かつ柔軟に支援する補助金です。

経営革新事業
事業継承・M&A後の経営革新(設備投資・販路開拓等)に係る費用を補助。
①創業支援型(他事業者からの引継ぎ創業)
②経営者交代型(親族内承継)
③M&A型
補助率:2分の1~3分の2
補助上限額:600万円
専門家活用事業
M&A時に(M&A登録支援機関の)専門家活用に係る費用(FA・仲介に係る手数料、DD調査、セカンドオピニオン、表明保証保険料等)を補助。
①買い手支援型(譲受予定の中小企業等)
②売り手支援型(譲渡予定の中小企業等)
補助率:3分の2
補助上限額:600万円
(未成年の場合は300万円)
廃業・再チャレンジ事業
事業承継・M&Aに伴う廃業に係る費用(原状回復・在庫処分費用等)を補助。
①事業承継・M&Aに伴って一部事業の廃業を行う場合
②M&Aが成約せずに廃業せざるを得ず、再チャレンジに取り組もうとする場合(経営革新もしくは専門家活用との併用可)
補助率:3分の2
補助上限額:150万円

(弊社は、M&A支援機関登録制度に登録しておりますので、専門家活用事業の専門家活用に係る費用は補助対象となります)

国や地方自治体の補助金・助成金は、申請時と交付決定後に多くの事務作業が発生いたします。
交付手続き、完了報告等々。こうした手続きは、一歩間違えると補助金が交付されないリスクもあるため、慎重に進めていかなければなりません。
採択後フォローアップサービスは、こうした採択後の各種事務手続きをアウトソーシングできるサービスです。

補助金申請は、補助金申請支援に多数の実績をもつ弊社にお任せください。

※事業承継・引継ぎ補助金の申請は、補助金上の要件(補助事業の実施期間など)に該当する場合にご利用いただくことができます。